CHAMPION MUSEUM 1 HISTORY

チャンピオンの歴史をご紹介

1919

創業者サイモン・フェインブルームが、のちにチャンピオン社となる”ニッカーボッカー・ニッティング・カンパニー”を設立。アメリカニューヨーク州ロチェスターを拠点に構え、主にセーターの販売を手がける。

1920

サイモンの没後、その息子のエイブ&ウィリアム・フェインブルーム兄弟が「チャンピオン・ニッティング・ミルズ社」として社業を受け継ぐ。当初彼らはTシャツやソックス、スウェットシャツの原型であるウールの下着を、屋外労働者の防寒用として販売していた。これがやがて米軍アカデミーの訓練用ウェアに採用される。

1924

大学としては最初の顧客、ミシガン大学とのビジネスが始まる。彼らは、当時高価だったアスレチックウェアを高品質かつ手頃な価格で販売しているチャンピオン社に目をつけ、スウェットシャツを採用した。これが評判になり、以後はコーチからコーチへ口コミで全米の大学に広がっていく。ここから”One Coach Tells Another”というスローガンが生まれた。

1928

前年入社したハーマン・ビーバーに続き、サム・フリードランド入社。当時は4人で地域ごとの分担を決め、アメリカ全土で販売活動を行っていた。

全米を数人のセールスマンでカバーしていた時代、顧客に次回の訪問日を知らせるために使用したセールスレター

1930

Tシャツやスウェットシャツにナンバーや大学名をプリントするレタリング加工を開発。「体育の授業で生徒に貸し与えていたウェアを管理回収する」という大学側のニーズに応える事が目的だった。同時に、それまで下着として考えられていたTシャツがアウターとして着られるきっかけとなる。

1934

サム・フリードランドによって”リバースウィーブ®”が誕生する。 スウェットシャツを洗うと縮むというクレームを解決するために、縦に織っていたコットンを横向きに使用する事で縮みを防いだ、画期的な発明。同年、チャンピオンは大学のブックストア(生協)においてTシャツの販売を開始。

1938

リバースウィーブ®が製法特許を取得。チャンピオンの革新的な改善とアイデアは多くのファンを増やしていった。

1939

海軍からの依頼により、訓練用に表と裏の異なる「リバーシブルTシャツ」を開発。記念すべき第1号は、海軍のチームカラー、ネイビーとゴールドだった。

1940

襟部分の伸縮補強用として丸首の前・後部分につけられたV字状のパーツ(ガゼット)、2本の針と糸を使ったステッチングなど、後のスウェットシャツの定番となるディテールが誕生する。第二次世界大戦中もチャンピオンのスウェットシャツは活躍。本来は訓練用だったが、保温性が高いために、兵士は野営時などには着用して眠った、という。

1942

デュラクラフトはチャンピオンがカレッジスポーツのアスリート達に向けて立ち上げられたブランドネーム。当時、大学などのアスリート向けに製品を卸すことを専門にしていたチャンピオンの歴史が感じられる。

1950

シンプルで定番的なアイテムを好む学生たちに、大学名をプリントしたスウェットシャツが人気を博す。同時に、襟ぐりから袖下に斜めのステッチが入っているラグランスリーブが登場し、カレッジスウェットの主流となる。チャンピオンの製品もアスレチックラインとキャンパスラインに別れていく。

1952

1938年に製法特許を取得した「リバースウィーブ®」は18年間、改良を重ねて1952年に2度目の製法特許を取得。スウェットパンツも同時に取得している。1952年のアスレッチク・カタログに「リバースウィーブ®」が初めて掲載される。今もなおその製法を受け継ぎ商品としてのバリエーションを拡充させ進化を続ける。「リバースウィーブ®」が不朽の定番と呼ばれるゆえんである。コピー商品が出回るのを防ぐため、1951年までカタログへの掲載はされていなかった。

1960

スウェットシャツのタグにプリントされていた、ランナーのマークがチャンピオンの頭文字である”C”の中に登場。 当時のブックストアにはスクールカラーのTシャツやスウェットシャツしかなかったが、この頃からさまざまなカラーを展開しはじめた。コットン100%だったスウェットシャツに化学繊維が使われ始めるなど大きな変化が現れる。

1961-1962

1961年、「リバースウィーブ®」にパーカー登場。翌年の1962年には半袖のスウェットシャツがキャンパス用として登場し、人気を博した。

1967

「チャンピオン・ニットウェア・カンパニー」から「チャンピオン・プロダクツ社」に社名変更される。

1969

ロゴマークを一新。おなじみの”C”マークが登場する。「全米の大学からチャンピオンへ注文が殺到」という記事が掲載された1969年の新聞。写真はフェインブルーム兄弟。

1970

チャンピオンに女性用アスレチックラインが登場。

1971

1971年に発行された「リバースウィーブ®」の商標登録証。

1984

スウェットシャツ、Tシャツの左袖に”C”マークがつくようになる。

1988

「リバースウィーブ®」50周年記念バージョン発売。軽くて洗濯しやすい素材を使ったクラシックフリースが登場。世界中の人々に愛されるチャンピオンの代表的なアイテムとなる。

1989

クルーネックやパーカそしてパンツしかなかった「リバースウィーブ®」に半袖が登場。同年、サラリーコーポレーションがチャンピオンプロダクツ社を傘下に収め、ノース・カロライナ州のウィンストン・セーラムに拠点を移す。NBA(全米バスケットボールリーグ)の独占公式ユニフォームサプライヤーとなる。

1992

バルセロナオリンピックにおいて、全米男子バスケットボール”ドリームチーム”の公式ユニフォーム・サプライヤーとなる。

1994

リレハンメルオリンピックにおいて、アメリカ代表チームの公式ユニフォーム・サプライヤーとなる。さらにバスケットボール世界選手権で優勝した”ドリームチームII”の公式ユニフォーム・サプライヤーでもあった。

1996

アトランタオリンピックにおいて、アメリカ代表チームおよび”ドリームチームⅡ”の公式ユニフォーム・サプライヤーとなる。またWNBA(全米ウィメンズプロバスケットボールリーグ)設立時にオフィシャルスポンサーとなる。

1998

1940~50年代モデルに多く見られるランナーズタグを採用した、ロチェスターコレクションが登場。クラフトマンシップの軌跡をたどり細部を仕上げたこだわりのビンテージコレクション。

1999

NBA’99プレーオフMVPを受賞したティム・ダンカン。彼がウェイクフォレスト大学時代に着用していたユニフォームも、チャンピオン製である。

2000

こだわりのベーシックスウェットシャツ「スーパーデリーフリース」

2003

伝説のスウェット「リバースウィーブ®」をリニューアル。Made in USAと11.5ozがデビュー。

2004

日本で初めてとなる、女性向けのコレクション「チャンピオンウィメンズ」発表。

2006

FIBAバスケットボール世界選手権でスポーツウェアで唯一のオフィシャルスポンサーとなる。

2008

リバースウィーブ®に9ozシリーズが登場 より多くの人に本物の魅力を楽しんでもらうため、現在のトレンドにマッチしたタイトなシルエットのスウェットシャツが開発された。ソフトな風合いが特徴。

2009

次世代機能性スウェット「ウィンドストッパー®」デビュー!防風性と透湿性を兼ね備えた、機能性スウェット「ウィンドストッパー®」。スウェットシャツの歴史を積み上げてきたチャンピオンならではのアイテム。発売後間もなく完売続出となった。

2010

リバースウィーブ®(11.5oz、青単)リニューアル!!ヴィンテージ市場でも希少な1970年代のリバースウィーブ®を再現。肉厚でふくらみがあり、着れば着るほど11.5ozのスウェットボディはファンの間でも話題騒然に。

88/12(ワンツー)復刻!!ファン待望の杢Tシャツ88/12(コットン88%、レーヨン12%)がブルーバータグとともに復刻!試行錯誤を重ね、糸から開発したチャンピオン懇親の一品

2011

ヘビーウェイトの代名詞、MADE IN USAの「T1011」に新色が加わり全10色がラインナップ! 素材から縫製まで全てをUSメイドにこだわり続けるT-1011のTシャツ。チャンピオンの数あるアイテムの中でも、とりわけ肉厚で縫製強度も高く、長きに渡り愛されてきました。その歴史の長さはあの歴史的銘品「リバースウィーブ®」と並ぶ程です。

2012

リバースウィーブ®プレミアムジャージー®誕生 特殊2層構造糸を使用した独特の荒い杢目ボディに吸汗速乾機能を持たせた進化系リバースウィーブ®

アクションスタイル登場! アスレチックウェアを起源としたChampionならではのスポーツテイストを取り入れたファッションとしてのスポーツストリートライン。

2013

リバースウィーブ®10oz.シリーズデビュー 素材から縫製まで全てをUSメイドにこだわり続けるT-1011のTシャツ。チャンピオンの数あるアイテムの中でも、とりわけ肉厚で縫製強度も高く、長きに渡り愛されてきました。その歴史の長さはあの歴史的銘品「リバースウィーブ®」と並ぶ程です。独特の杢感が特長。コットン100%の裏毛素材で、3シーズン着回し力のある新定番リバースウィーブ®