INFORMATION NEWS

TOPICS2020.06.03

B1リーグ初昇格を果たした「広島ドラゴンフライズ」とオフィシャルサプライヤー契約を締結

SHARE

ヘインズブランズ ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区)は、アメリカンスポーツアパレルブランドのチャンピオンにおいて、国内トップの男子プロバスケットボールリーグであるB1リーグに初昇格を果たした広島ドラゴンフライズのオフィシャルサプライヤーとなる複数年の契約を締結したことを発表いたします。

広島ドラゴンフライズは、クラブ創設8年目を迎えた2019-20シーズン(B2リーグ西地区)において、圧倒的な強さで勝率1位タイ(8割5分1厘)という好成績を残し、次シーズンよりB1リーグ昇格を決めました。また、「広島に、バスケでつながる風景を。」というスローガンを掲げ、選手による学校訪問やバスケットボール教室、社会貢献活動などを行う地域活動プロジェクト「バスケでつながる風景プロジェクト」の推進や、幼稚園児から高校生までを対象としたバスケットボールスクールによる若い世代の育成など、バスケットボールを通じたコミュニティづくりを積極的に展開しています。

このようなファンや選手・スタッフが一丸となり地域を盛り上げ、目標に向かう姿勢と「仲間とともに成長をする」ことを目指すチャンピオンのブランドコンセプトが共鳴し、今回の契約に至りました。

なお、チャンピオンではB1リーグ西地区に所属するクラブへのサポートは今回が初となります。 チャンピオンは、今回の契約締結により広島ドラゴンフライズの選手の皆様が最大限パフォーマンスを発揮できるようにウェアを通じサポートしていくと共に、バスケットボール文化の発展に引き続き貢献していきたいと考えております。

※2020-21シーズンのユニフォームにつきましては改めて発表いたします。

■ 株式会社広島ドラゴンフライズ 代表取締役社長 浦 伸嘉様 コメント
この度、チャンピオン様とユニフォームサプライ契約を締結する次第となりました。我々プロスポーツクラブにとって、ユニフォームサプライパートナー様との関係性は非常に重要なものと考えております。ユニフォームと、選手がコート内外で着用するウェアはクラブの象徴であり、ファンの皆さまにとっては誇りや魂を託す存在であり、クラブパートナーの価値を創出するプラットフォームでもあります。 広島ドラゴンフライズではこの取り組みを通じて、クラブを支えるすべてのステークホルダーに貢献し、チャンピオンブランドのイメージを最大限に向上できるよう、チーム・フロント一丸となって努力を重ねてまいります。

■ ヘインズブランズ ジャパン株式会社 代表取締役社長 早瀬 圭一 コメント
この度、広島ドラゴンフライズ様とパートナーとなる事を大変嬉しく思います。広島ドラゴンフライズ様は多くのファンに愛され、またホームタウン活動にも積極的なクラブと認識しております。そのように素晴らしいクラブを微力ながらサポートさせていただけることを大変光栄に感じております。また、弊社の長年のアスレチックウエアビジネスでの実績を活かし、新たなオフィシャルグッズの開発も視野に入れ、選手やクラブ関係者の皆様、そしてファンの皆様と共に、より一層バスケットボールを通じて地域活性の一助となれるよう努力してまいります。

■ 広島ドラゴンフライズについて
広島ドラゴンフライズは2013年、地域密着を目指したクラブスローガン「広島に、バスケでつながる風景を。」を掲げて創立し、2014年よりナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)に参戦しました。2015年の天皇杯では初参戦で準優勝。NBLで2シーズンを戦ったのち、2016年に新設されたB.LEAGUEに参加。B2リーグからのスタートとなりましたが、4シーズン目の2019-20シーズンに初めて西地区優勝を果たしてリーグ2位以内を確定し、B1リーグ昇格を決定しました。 2020-21シーズンは初挑戦のB1の舞台で、全国に「ドラゴンフライズ旋風」を巻き起こす飛躍を目指します。

RECENT NEWS

  • 2020.06.03【直営店情報】全店舗 営業再開

  • 2020.06.03B1リーグ初昇格を果たした「広

  • 2020.05.27Champion 西日本エリア

  • 2020.04.10「汗かくのスキ、汗はキライ。」

  • 2020.04.07抗菌・防臭機能「C-odorl